出産ローン

病院代以外にもかさむ出費をかしこく分割する

妊娠・出産は、得てして予定外で突然やってきがちですよね(笑)。私もそうでした。突然まとまったお金が必要になるのですが、そんなときに賢く分割できるカードローンがとても便利でした

出産費用の内訳でもっともお金がかかる入院費用は、一般的40〜50万円程度です。ただし、帝王切開の場合はプラス10万円程度、聖路加国際病院などのいわゆるブランド病院の場合には2〜3倍の費用がかかることもあります。

このほかにもかかる費用として、出産前の定期検診やおむつやミルク、ベビーベッド、マタニティーグッズなど、関連する育児用品の購入費用などがあり、トータルすると60万円程度があれば初期費用としては安心と言えるのではないでしょうか?

出産時に頼りになる補助金・助成金、、しかし!!

出産でかかる費用は、最大で42万円まで国が支払ってくれる制度があるので、まずはこれを利用したいところです。その際には、「産科医療保障制度」に加入している病院などを利用することが前提で、それ以外の医療機関を利用した場合には39万円になります。

市町村の健康保険組合や共済組合、あるいは役所などに申請しておけば直接病院に補助金を払い込んでくれるので大変便利です。ただし、医療機関に実際にお金が払い込まれるのが2カ月後となるため、病院によっては資金繰りの問題が起こる可能性があります。

そのため、出産でお世話になる医療機関によっては、あなた自身が出産から2カ月後に費用を受け取り、支払いを行う必要があるケースがあるので注意が必要です。つまりその場合には、補助金はもらえるが、2カ月間は自前で費用を立て替える必要があるのです。

出産助成金の支払いまでの2ヶ月の費用調達に

一時的にしろ、退院時には自己負担で入院費用を支払うことになった場合、やはり費用の負担を軽くするため分割やローンを検討する人は多くなります。病院や医療機関、関連金融機関などで「出産ローン」を用意している場合もあるのですが、こうしたものは一般的に金利が高く、中には20%以上のものもあるのでお勧めできません。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、新生銀行などが運営している銀行系フリーローンが、借り方・返し方で融通が利く上に金利も安く抑えられているのでお勧めです。50万円程度で、他社借入がないのであれば、まず審査を心配する必要もありません

フリーローンで借りたお金は、1カ月目の返済日には、利息分か最低返済額の入金が必要ですが、2カ月後に支払われた助成金で一括返済すればOK。注意したいのは、いわゆる消費者金融とは異なる、安心して利用できる銀行系のフリーローンを利用するという点ですね。